宮崎の絶景

宮崎県で絶景を楽しむ観光スポット3選

宮崎観光で絶景を楽しみたいというときにはどこを訪れたら良いのでしょうか。宮崎県には全国的に知られている有名なスポットがたくさんありますが、青島や高千穂峡、サンメッセ日南のように有名過ぎるところはもう知っている人もいるでしょう。ここでは宮崎県の中で穴場とも言えるような景色が美しい観光スポットを紹介します。

 

国見ヶ丘からの眺望

 

国見ヶ丘は高千穂町にある丘陵地です。高千穂町は有名な高千穂峡がある街としても知られているものの、絶景スポットは一つとは限りません。国見ヶ丘は小高い丘で周囲には山々が連なっているのが特徴です。宮崎県の景勝地には海がきれいなところがたくさんありますが、国見ヶ丘は連なる山々や広がる盆地の眺望を楽しむことができる名勝地となっています。眼下には川の流れも見られることから自然の偉大さを肌で感じ取ることができるでしょう。国見ヶ丘は夏の終わり頃から冬の始まりにかけて雲海が発生しやすいことも知られています。早朝や夕方には特に美しい雲海を見られるので訪れてみましょう。

 

日向岬の馬ヶ背の美しさ

 

馬ヶ背は日向市にある日向岬の最先端の部分を指し、岬の形状が馬の背の形を連想させることからこの名前で呼ばれています。岩が波によって削られて馬の背のような荒々しさを表現しているのを見ると大自然の力強さを感じられるでしょう。馬ヶ背は周囲を一望できるほど切り開かれている岬なので広大な太平洋の美しさも楽しむことができます。柔らかくうねる海と荒々しい岩の対比が趣のある風景を生み出している絶景の名勝地です。

 

西都原古墳群のパノラマ

 

西都原古墳群は特別史跡に指定されている歴史的に価値のある古墳群で、宮崎県の西都市にあります。小さな古墳がたくさん集まっている場所で、数は300以上にも上ることが知られています。西都原古墳群は四季折々の姿を見せるのが特徴で、特に絶景と言われているのが春です。桜の時期になると桜があちこちで咲き誇り、全体を桃色に染めていきます。それとほぼ同じタイミングで菜の花も咲き誇ることから黄色の美しい絨毯が広がる様子も見ることができ、花々の美しさが実感されるでしょう。

 

穴場の絶景スポットを探してみよう

 

宮崎県には誰もが聞いたことがあるような有名スポットもありますが、穴場的な価値がある絶景スポットもたくさんあります。ここに挙げたのは少し宮崎県に詳しい人なら知っているところなので、時期になると多くの観光客や地元の人たちが集まります。まずはこの三つを訪れて美しさを実感し、さらに魅力的な穴場スポットを開拓していきましょう。

 

https://gmosir-miyazakishi.jp/